痩せたいと思ってウルトラシックスを買おうとしている方も多いと思います。

そんな中、インターネットで調べていると、ウルトラシックスとよく似た商品として、アンダーアーマーに辿り着いた人も多いのではないでしょうか。

アンダーアーマーの名前を聞いたことがありスポーツをする人は、一度自分の持っているスポーツウェアを確認してみると、アンダーアーマーの商品が入っているかもしれません。

見た目も似ているようなウルトラシックスとアンダーアーマーですが、一体何が違うのでしょうか。

実際購入する際には、間違われることもあります。

ウルトラシックスとアンダーアーマーを間違えて購入しないように、今回はウルトラシックスとアンダーアーマーの違いについてまとめました。

アンダーアーマーとウルトラシックスの違い

アンダーアーマーとウルトラシックスの大きな違いとしては、次の2点があります。

  • 目的
  • 素材

今回は、この2点に絞ってご紹介していきます。

ウルトラシックスとアンダーアーマーの使用目的の違い

ウルトラシックスとアンダーアーマーは、見た目が非常に似ています。

しかし、ウルトラシックスの使用目的は「体を鍛える、シェイプアップをする」ものなのに対し、アンダーアーマーは「体をトレーニングする」というものです。

一見同じように捉えられるかもしれませんが、わかりやすく言うと「ダイエット目的かどうか」の違いです。

確かにアンダーアーマーを着て運動しても、運動した分痩せることはできるかもしれません。

しかし、ウルトラシックスの場合は、普段から着るだけで運動効果があり、ダイエットとしてのシェイプアップ機能があるので、体を鍛えることも大事だけれど、見た目が特に気になる人向けです。

なので、痩せたいと強く思い、見た目のシェイプアップ重視の方にお勧めなのは、アンダーアーマーよりもウルトラシックスです。

ウルトラシックスとアンダーアーマーの素材の違い

では、ウルトラシックスとアンダーアーマーの素材はどのように違うのでしょうか

アンダーアーマーは、ポリエステルやナイロンなどが主に使用されています。

アンダーアーマーの中でもコットン製でない場合は、物に引っ掛けてしまった際に生地がほつれてしまうことが多いです。

そして、洗濯をしても服に染み付いた汗のニオイが残ってしまいやすいという難点が残ります。

それに対し、ウルトラシックスについては、スパンデックス繊維というものが使用されています。

あまり聞いたことのない素材の名前で、気になる方もいるかもしれませんね。

スパンデックスは、伸縮性や収縮性の機能が高い素材であり、筋肉繊維ともいわれています。

なぜ筋肉繊維といわれているかというと、着ることによって、体に加圧を加えることができるからです。

この加圧こそが、体のシェイプアップに繋がっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

見た目はほとんど同じウルトラシックスとアンダーアーマーですが、機能性や使用目的が大きく異なります。

今回ご紹介した項目以外にも違いはあるので、気になる方はウルトラシックスの公式ホームページをチェックしてみましょう♪

>>ウルトラシックスの公式サイトはココ