体重を落とすために、まずは食事量を抑えていくという人は多いと思います。
いつもより控えめにしたり、習慣になっていた間食をやめるのも一つの手です。

しかし、少ない食事量をずっと保つことは、なかなか難しいですよね。

実際、食事量を制限しているストレスが原因で暴飲暴食に走ってしまい、リバウンドしてしまったという人も少なくないでしょう。

では、なるべくストレスを溜めずに、リバウンドしにくいカラダを作るためにはどうしたらいいのでしょうか?
これからダイエットする人も、今までリバウンドを繰り返している人も、一緒に確認していきましょう。

朝はたくさん食べて、昼、夜にかけて少なめに!

朝は何となく食欲がわかなかったり、時間がなかったりと、あまり量を摂らないことが多いかも知れません。
しかし、朝にしっかり食べることが、リバウンドし難いカラダを作るためには最も重要と言えます。

睡眠に向かって活動がゆるやかになっていく夜は反対にあまりエネルギーを必要としないため、食べすぎは脂肪を蓄える原因になってしまうのです!
夜の食事は炭水化物を控えめに、かつ良質なタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

摂取する栄養素をタンパク質多めにすることで、筋肉量のを効率的に増加させることができます。

食事だけでなく、できれば運動も

リバウンドしにくいカラダを作っていくためには、ある程度の筋肉を身につけることも必要です。
脂肪と筋肉を単純に重さだけで比べれば、筋肉の方が重さがあるため、体重計の上だけで見ると太ってしまったように感じるかもしれません。

しかし、ダイエットとは数値上の重さを減らすことだけではなく、体脂肪を減らすことも重要です。
筋肉が少なく、余分な皮下脂肪を蓄えていると、太りやすくやせにくい体質は変わらないままです。

皮下脂肪を筋肉に変えていくことによって、目先だけではないダイエットの実現につながっていくのです。

効率的な運動方法は?

筋肉を身につけるために運動を始めるとなると、ジムやフィットネスクラブを想像する人も多いと思います。
しかし、なにもアスリート並の筋肉を身につける必要はありません。
あくまでリバウンドしにくいカラダ作りの補助的な役割として取り入れていけば良いのです。

簡単な方法としては、お風呂あがりのストレッチや、いつも自転車を利用する一駅分を歩いてみたりなどが考えられます。
エスカレーターより階段を利用することも、日常に取り入れられる運動の一つですね。

運動するための時間をわざわざ作るのはちょっと大変・・・ということであれば、着用するだけでトレーニングと同じ効果を得られる”加圧シャツ”を利用するのも有効です。
最近特に耳にするのは「ウルトラシックス」という加圧シャツで、次月の発送分まで予約完売してしまう人気ぶりのようです。

着るだけで本当にやせられるの?と思うかもしれませんが、愛用しているアスリートも世界中に多数とのことなので、試してみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
リバウンドしにくいカラダを作るためには、食事と運動の両方が必要になるということが理解できましたか?

文中で紹介したウルトラシックスについてもっと詳しく知りたいという方は下記をチェックしてみてください。

>>ウルトラシックスの公式サイトはココ